よくある質問

入学前に知りたい Q&A

Open/Close

大切なことは自分に合った学校を探し出すことですから、自分自身で評価する必要があります。
それには自ら学校に足を運ぶことが必要です。できれば何回か学校を訪問して、いろいろな場面を見てみましょう。学校の実績や評判、信頼できる方々(先生・先輩・友人・知人)の意見も参考にしましょう。本校には、ご自分が納得いくまで何回でもお越しください。

Open/Close

先ずは、入学後のライフスタイルを考えることが重要です。通学時間・学費や生活費の確保・バイトや仕事・余暇の時間にやりたいこと、などなどです。通学できる時間帯を絞り込んだうえで、クラスの特長などを参考に、ご自分のライフスタイルに合った方をお選びください。
 (午前クラス: 9:30~12:40)
 (夜間クラス:18:00~21:10)

Open/Close

どちらのコースでも、先ずはケガの治療の専門家である『柔道整復師』になること目指します。その為には、国家資格取得が第一歩です。
64年の伝統を持つ「柔道整復コース」では、日本古来の医療技術である柔道整復術の奥深さや幅の広さを追求します。「柔整トレーナーコース」では、伝承の医療技術である柔道整復術に基礎をおいて、アスレティック・トレーナーに関する最新の知見を学習し、スポーツの現場で、臨機応変・適宜適確に対応できるトレーナー活動の基礎を学びます。
どちらにより大きな魅力を感じるでしょうか?その点をよくご検討ください。

Open/Close

AO入試(アドミッションポリシー入試の略)は受験生に学力試験を課さず、書類審査と面接によって、本校の求める人財を選抜する「適正重視」「人物重視」「やる気重視」の入試制度です。

AO入試について

Open/Close

もちろんできます。再度、入学願書は提出して頂きますが、卒業証明書や成績証明書などの他の書類は既に提出していただいていますので不要です。

Open/Close

以下の奨学金制度をご利用頂けます。
日本学生支援機構(4月募集)、東京都育英資金(4月募集)、福太郎奨学財団奨学金(12月/入学前)。日本学生支援機構の奨学金は入学後4月に募集します。
高校生の方は進学前に奨学金の利用を確約する「予約採用」という制度がありますので、在学中の学校から申請してください。卒業後2年以内の方もこの制度を利用できます。

支援制度(奨学金)について

Open/Close

卒業から5年以上経過している場合、学校教育法施行規則第十五条第二項により、成績証明書が発行できないことがあります。 その場合は、成績証明書が発行できない旨の証明書をお願いし、それを提出してください。

Open/Close

本校では単位の互換はしておりません。過去に単位を取得した学校や学科のレベルが異なるため、単に単位を取得したという事実からだけでは、どの程度の知識を習得したかを判断しかねるからです。

Open/Close

本校では18歳から50代の方まで、幅広い年齢の学生が、同じ目標に向かってがんばっています。特に夜間クラスには様々な社会経験を積んだ学生が多く、人生経験の浅い若い学生は、経験豊富な学生から多くを学び、また年輩の学生は若い学生からエネルギーをもらい、調和のとれたクラスとなっています。今まで培ってきた人生経験や社会経験は、卒業後に必ず活かすことができますので、年齢はハンディーキャップにはなりません。

学校生活が知りたい Q&A

Open/Close

勿論ご紹介いたします。合格後、入学前から研修を始めたい方にもご紹介しています。就職担当職員がおりますので、お気軽にご相談ください。

Open/Close

昔は男性が中心の業界でしたが、今ではたくさんの女性が学んでいます(本校の男女比率はグラフをご参照下さい)。女性の患者さんの中には、やはり女性に施術してもらいたいと希望する方も多数おります。これからは女性の施術者が更に求められると思われます。

Open/Close

柔道の授業を行う理由は2つ。1つ目は礼法で、医療人を目指す前に、先ずは人としての本来の姿を求める教育の一環です。2つ目は柔道整復師の原点に触れるという意味です。柔道の強さや厳しさを追求する授業ではありません。

Open/Close

野球やバスケットボール、柔道、またはトレーナーを目指す学生が集うトレーナーズクラブなど、盛んに活動しています。また、将来柔道整復師として活躍する上で必要な教養を身につけてもらいたいという趣旨で、色々な学校行事や、課外授業も行っています。

キャンパスライフについて

Open/Close

本校と提携している「東仁学生会館」をご紹介させて頂いております。

住居費補助制度について

Open/Close

成績が良いに越したことはありません。しかしこれから勉強することは全てにおいて新しい学習内容となりますので、入学生全員が横一線。これから3年間で発揮するあなたの「やる気」が全てです。学生には全教員が平等に、全力を尽くしてサポートします。

国家試験が知りたい Q&A

Open/Close

2014年は100%、2015年は97.2%でした。

国家試験について

Open/Close

国家試験の科目は、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・関係法規、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論の11教科で、試験は200問の一般問題と30問の専門必修問題です。合格基準は、一般問題6割以上、必修問題8割以上です。柔道整復師となるのに必要な知識・技能の修得を判断する試験です。

Open/Close

本校独自の分析に基づいた国家試験対策を実施しています。

国家試験対策について

就職が知りたい Q&A

Open/Close

毎年1月~2月に行う就職相談会を始め、多数寄せられる求人募集をもとに、担当が個別でサポートさせて頂きます。

キャリアセンターについて

Open/Close

本校の就職率は100%です。1年を通して多くの求人が寄せられています。

「就職率100%」について

Open/Close

柔道整復コース同様、接骨院や整形外科などの医療機関への就職が可能です。また、真剣にトレーナーを目指すために、卒後研修である「KATs'Proトレーナー養成講習会」を受講し、トレーナーとしての知識や技術を更に磨き、現在トレーナーとして活躍している先生方のもとで働くことも可能です。

オープンキャンパスが知りたい Q&A

Open/Close

何度でも納得できるまでご参加下さい。過去には10回近く参加された方もいらっしゃいました。

Open/Close

自由な格好で大丈夫ですが、女性の場合、実技を行う模擬授業などでは、スカートの着用を避けた方が良いケースがありますので、出来るだけパンツスタイルでご参加下さい。

Open/Close

オープンキャンパスでは、模擬授業や在校生徒の懇談、個別相談など、いろいろなプログラムが用意されていますので、出来るだけご参加される事をお勧めしますが、部活動やお仕事などの事情により参加が出来ない場合は、個別相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

Open/Close

費用は一切かかりません。お気軽にお越しください。

Open/Close

基本は予約制とさせていただいておりますが、当日参加も可能です。体験イベントに参加される場合には、人数に限りがある場合がありますので、直前にでも御連絡を頂けますと確実です。

これらのQ&Aで解決できなかった場合、こちらまでお問い合わせください。

イベント情報

授業見学
開催日
・02月27日 17:30~18:30
・03月02日 15:00~16:00
・03月11日 ①10:30~11:30 ②13:30~14:30

授業見学一覧へ

何でも進学相談
開催日
・03月08日 18:00~

何でも進学相談一覧へ

個別相談

東京住専チャンネル

テーピングの達人・足首の巻き方編

  • LINE 公式アカウント
  • 東京柔専ブログ
  • 情報公開
  • 東京柔専同窓会

〒179-0084 東京都練馬区氷川台3-31-13
TEL.03-5920-2211
FAX.03-5920-2210

お問い合わせ窓口:0120-5920-21

※平日は10時から19時まで(土曜日は12時まで)受付しています。
※携帯電話・PHS からもご利用いただけます。

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス申込みはこちら