国家資格を活かしたスポーツトレーナーを育成|選ばれる7つの理由

お問合せ窓口:0120-592-021

国家資格を活かしたスポーツトレーナーを育成

トレーナー活動に、柔道整復師がより適していることは周知の事実です。多くの卒業生がトップ・アスリートのトレーナーとして活躍しています。そうした卒業生の経験と、最新の知識や技術を取り入れたカリキュラムを実施してスポーツ分野での活動を積極的に支援しています。

柔道整復術を活かしたトレーナー活動の実践と研究

ケガの治療を専門とする柔道整復師は、スポーツ現場で活かせる医療系の国家資格です。運動能力を向上させるトレーナー技術の習得によりアスリートを総合的にサポート出来ます。臨床実習施設『杏文パフォーマンスセンター(KPC)』では、プロアスリートやアマチュア競技者、ジュニア世代や一般の方に対して、医科学的根拠に基づいたコンディショニングを行っています。この施設で実習を行うことにより、スポーツ現場で必要とされる技術を学びます。

各界で活躍する卒業生トレーナー

日本水泳トレーナー会議会員/ミズノスイムチーム専属トレーナー 障がい者スポーツトレーナー 株式会社MARKS 中里 賢一先生(2007年卒業・第52期生)

大切なのは知識・技術・経験

一般企業に就職しましたが、以前から興味を持っていた「身体のケア」に携わる仕事に就きたいと思い、会社を辞めて資格を取りました。在学中に水泳選手が通う治療院で研修した縁で、卒業後は「ミズノスイムチーム」専属トレーナーとしてロンドン五輪代表選手の身体のメンテナンスも担当しました。トレーナーを目指すなら、まずはそれを実践している先生のもとで技術・知識を充分に修得してください。そして、選手の信頼を得るには数多くの経験も必要です。

リクシルディアーズ ヘッドトレーナー きくのだい鍼灸整骨院 田中 伸一郎先生(2007年卒業・第52期生)

トレーナーは私の夢

在学中からリクシルディアーズ(旧:鹿島ディアーズ)で学生トレーナーとして、卒業後は、アシスタントトレーナーとして活動していました。アメリカンフットボールは、大きいケガも多く迅速な対応が常に求められるスポーツです。学校卒業後も選手やチームから信頼されるトレーナーになるために、多くの知識・技術を学んでいます。

東北楽天ゴールデンイーグルス 蒔田 大毅先生(2001年卒業・第46期生) 芹田 先生(2002年卒業・第47期生)

やりがいのある仕事

楽天イーグルスのコンディショニングチームの一員として、常時帯同し選手の体調管理をしています。Cure、Care、障害予防を基本に、パフォーマンスの維持・向上を目的としたサポートです。 スポーツトレーナーは、大変やりがいのある仕事です。この職業に憧れる後輩へのアドバイスは、明確な目標を立て実行することです。自らがめざすビジョンを掲げ、底辺の広い基礎作りに力を注いでください。必ずチャンスは訪れます。

Hatsu 47 接骨院 初森 裕隆先生(1999年卒業・第44期生)

何よりスポーツが好きなこと

接骨院と並行して大学のソフトボール部や柔道部の選手のケアなどを行う他、現在はパーソナルトレーナーとしても活動しています。ケガを日常レベルに回復させる柔道整復師に対し、トレーナーは日常レベルを競技レベルに引き上げなくてはいけません。しかも、運動能力強化のポイントは種目によって異なり、ケアも個人により最適な方法が異なります。日本のスポーツ界において、トレーナーの仕事はまだ充分に理解されていません。それでもやる気があり、何よりスポーツが好きであることが、この職業に求められる資質です。

スポーツトレーナーを目指す先輩たちの声はこちら

〒179-0084 東京都練馬区氷川台3-31-13
TEL.03-5920-2211
FAX.03-5920-2210

お問い合わせ窓口:0120-5920-21

※平日は10時から19時まで(土曜日は12時まで)受付しています。
※携帯電話・PHS からもご利用いただけます。

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス申込みはこちら