建学の精神・教育理念│学校案内

お問合せ窓口:0120-592-021

建学の精神・教育理念

理事長・校長挨拶

人それぞれが自らの新しい能力を発見し、磨き、それをもって社会に貢献する。

本校は、1953年に設立した柔道整復師の養成機関です。以来、半世紀以上にわたり、一貫して「人格の陶冶」を建学の精神として掲げ、気品と教養を身につけた「人財」の育成を目指しています。
開校当時、柔道高段位者のごく一部の人が、その経験と実績で柔道整復師を目指すという時代背景が色濃かった中で、柔道未経験者でも、本校で学ぶことによってそれらを乗り越え、自分の能力を磨き、社会に貢献する人財を養成することが、その大きな目的でした。
また現代は、学歴を背景として、良い就職をすることだけで、安定した幸福な一生を約束してくれる時代ではありません。言い換えれば、しっかりと学び、自らの能力を磨かなければならない時代です。人は皆、素晴らしい能力をもっています。隠された能力を自ら発見し、それを磨き、社会に役立てることで、働くことの喜びと糧を得ることができれば、最高の人生と言えるのではないでしょうか。昨今とかく我先に「勝ち組」を目指す風潮もありますが、「あなたがあって私がある」即ち「利他の心」が医療人としての柔道整復師が目指すべき本来の姿です。
「自ら学ぶ」というしっかりした意志があるならば、本校での3年間を足がかりに、卒業後の同窓会活動へと連動した生涯教育により、「知・情・ 意」のバランスがとれた柔道整復師を目指してください。さらには、幅広い体験と深い教養を身体に染み込ませた「社会的人財」として、介護予防やスポーツを 通した健康増進など国民生活の質の向上(Quality Of Life)を目指す活動に貢献したり、広く国際社会に対しても、人道的な立場に立ち、自発的・能動的に、ダイナミックな社会貢献活動を展開することのできる「時代の先導者」となることを目指してください。皆さんが、それぞれに新たな自分の能力を発見し、磨き、そして高いレベルの緊張感を保ち、自分と社会の未来に向けて希望と意欲を沸き立たせられる「場」となることが、本校の役割であると考えています。

学校法人 杏文学園 理事長 高山精雄
校 長 平良専純

建学の精神

人格の陶治 医療分野に携わる者として、専門知識と技術を習得し、不動の倫理観を身に付けた人となるために、強い信念と自負心をもって努力できる人格を養うこと。

教育理念

本校「建学の精神」に則り、品位ある人間性溢れた医療従事者、優れた研究者、およびそれらを育成する教育者を養成するため、本校の教育理念を次のとおり定める。

<知>を磨くあくなき探究心 <情>を育む心身の鍛練 <意>を明らかにする強い信念

今後の課題と柔道整復師の将来像

本校の教育理念は「知・情・意」。それを実践するため、杏文ISM(※)の基、学生に対しては確実な国家資格取得と実践に役立つ技術取得の実現を目指し、地域社会に対しては、学校の諸機能と附属院を通じて広く貢献することが重要であると考えています。
そのために、今後のビジョンとして、『真の柔道整復師の育成』をさらに強化し、地域のランドマークとなるべく、理想的な医療提携モデルを構築していくことが重要課題です。杏文ISMを身につけた人財を育成し、全ての学園関係者とともに共存共栄しながら、社会的地域貢献を行うというミッションを追求するために、新たな事業展開を模索していきます。

※杏文ISM:「思いやりの心を持って、共に成長する力」を持つように杏文学園に関わる全教職員及び学生が、『人としての本来の姿』を心がける事
※ミッション(使命) ビジョン(将来像) バリュー(理念)

イベント情報

オープンキャンパス
04月01日
トレーナーを目指すために柔道整復師を選んだワケ

トレーナー志望者、スポーツ関係の仕事をしたい方、必見!!!
04月15日
フィジカルアセスメント体験!

新高校3年生集まれ!進路検討は早めから!
授業見学
開催日
・04月13日 18:00~
・04月26日 18:00~

授業見学一覧へ

何でも進学相談
開催日
・04月17日 18:00~

何でも進学相談一覧へ

個別相談

東京住専チャンネル

テーピングの達人・足首の巻き方編

  • LINE 公式アカウント
  • 東京柔専ブログ
  • 情報公開
  • 東京柔専同窓会

〒179-0084 東京都練馬区氷川台3-31-13
TEL.03-5920-2211
FAX.03-5920-2210

お問い合わせ窓口:0120-5920-21

※平日は10時から19時まで(土曜日は12時まで)受付しています。
※携帯電話・PHS からもご利用いただけます。

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス申込みはこちら