入学前から卒業後まで生徒をバックアップ
就職率100%

全国から寄せられる数多くの求人に加え、
全国各地で活躍している卒業生の人的ネットワークも、本校の求人の多さに繋がっています。

職域の広がる柔道整復師

近年、スポーツ現場やクリニック、介護関連施設での柔道整復師の活躍の場が増えてきており、多くの本校卒業生が様々な分野で医療の一翼を担っています。本校に寄せられた求人数(2016年実績)からみる求人倍率は4.9倍で、卒業生から寄せられる求人の多さも本校の特長です。

充実のキャリア教育

入学前から卒業後まで、キャリアセンター・教員・卒業生が
皆さんをバックアップしていきます。

柔道整復師の職域は幅広く、接骨院や整形外科のほか、介護・福祉方面やトレーナーなど多岐にわたります。皆さんがどのような柔道整復師として活躍したいのか、それぞれの「夢の実現」に向けて、入学前から卒業後までサポートしていきます。

  • TOKYO JUSEN
    CAREER CENTER

    キャリアセンターでは、入学前教育から卒業生向けの研修制度まで、教員・卒業生と提携しながらサポートする体制をとっています。自分の目指す将来像を具体的にイメージし、優れた柔道整復術に触れることで高いプロ意識を生み出しています。

【入学から夢のステップアップまで】

  • トレーナーは私の"夢"でした。

    田中 伸一郎 先生(2007年卒業・第52期生)
    LIXIL DEERS ヘッドトレーナー きくのだい鍼灸整骨院勤務

    東京柔専在学中より、リクシルディアーズ(旧 鹿島ディアーズ)で学生トレーナーとして、卒業後は、アシスタントトレーナーとして活動していました。 アメリカンフットボールは、大きいケガも多く迅速な対応が常に求められるスポーツです。学校卒業後も選手やチームから信頼されるトレーナーになるために、多くの知識・技術を学んでいます。

業界からの評価が高い

  • 品川接骨院グループ 代表取締役社長
    田中 淳 先生

    東京柔専が培う伝統と教育により、単に国家試験合格を目指すだけでなく、柔道整復師としてのあるべき姿を明確に描く学生が多いと感じます。礼儀正しく、コミュニケーション力もあるため、就職採用の場面でも評価されているのでしょう。東京柔専の卒業生は、日本全国で業界のリーダーとして活躍されており、その卒業生との繋がりと伝統ある教育が学生の背中を心強く後押しするからこそ、一流の柔道整復師を輩出し続けているのだと思います。

  • 健向グループ 総括院長
    中川 忠典 先生

    私が柔道整復師として患者と対峙するうえで大事にしている事は、「笑顔」「親切」「思いやり」「褒める」「時にはおだてる」「願う」「感謝する」の7つです。当院でも4つの分院を運営していますが、全て分院長は東京柔専の卒業生で、その想いを実践しています。東京柔専は歴史と伝統と格式ある学校であり、それらを継承して守っていく校風の中で育成された学生は研修・就職の場面でも「粋」であり、「礼」を重んじる素晴らしい柔道整復師の担い手だと思います。

就職先(めざせる職業)

就職実績へ

OPEN CAMPUS

来て、見て、触れて、オープンキャンパス

閉じる