スポーツトレーナーと柔道整復師を目指す
柔整トレーナーコース:午後部

柔道整復師国家資格取得に加え、スポーツ科学の基礎を学べます。

授業時間14:00~17:10
曜日月~土
年数3年

取得できる資格

  • 柔道整復師(国家資格)

めざせる職業

  • スポーツトレーナー
  • パーソナルトレーナー
  • クリニック/整形外科
  • 接骨院
  • 介護施設/デイサービス
  • スポーツクラブ

「柔整トレーナーコース:午後部」の特長

柔道整復師の資格取得に加えて、スポーツに関わる仕事(トレーナーやスポーツ現場など)を目指して、このコースを選ぶ人が多くいます。ケガの治療・予防から、パフォーマンス向上まで、アスリートの生活を全般的にサポートできる柔整トレーナーを目指します。午前部に次ぐ人気クラスです。

  • POINT
    01

    KPC(杏文パフォーマンスセンター)とKPA(杏文パフォーマンスアカデミー)

    在学中は実習施設であるKPCで、トレーナーの先生方のアスリートに対する取り組みを間近に見て学ぶことができます。更に実践的なトレーニングやコンディショニングを学ぶには、KPAに所属することをおすすめします。KPAでは「全米公認NSCA-CPT」というトレーナー資格の取得が目指せるカリキュラムもあります。

  • POINT
    02

    卒業後はKATs’Proトレーナー養成講習会

    柔道整復師をはじめとする医療国家資格者を対象に、より実践的な知識や技術を修得し、スポーツ現場で必要とされる質の高いトレーナーを養成することを目的とする講習会です。日本のトレーナー界を代表する講師陣から実技・理論を学べ、スポーツ界との繋がりも築けます。

    KATs'Proの詳しい情報へ

  • POINT
    03

    ケガの治療から、パフォーマンス向上まで

    身体の構造や機能を熟知している柔道整復師は、スポーツ選手のケガの治療や、ケガをさせない対処は出来て当然です。東京柔専が目指すのは、選手の力が最大限発揮できるようになるまでサポートもできる「柔整トレーナー」です。

トレーナー活動に医療系国家資格は必須

トレーナーに医療系の国家資格が不可欠なのは今や常識。中でもケガの治療の専門家である柔道整復師は実務的に役立つ資格です。このコースでは、先ずは柔道整復師になる為の知識・技術をしっかりと修得します。その上で、トレーナーに必須となるスポーツ科学の基礎を学びます。

【アスリートがスポーツ現場でケガをしたら】

柔道整復師 アスレティック・トレーナー 柔整トレーナー
❶ケガの認知・評価を行う
❷評価に基づいてケガの応急処置を施す。
❸通常の日常生活に支障がない程度に回復を促す。[メディカルリハビリテーション]
❹アスリートとして支障のない程度に回復を促す。[アスレティックリハビリテーション]
❺再発を予防し、競技レベルの向上を促す。[コンディショニング(トレーニング)]

柔道整復師は上記が得意分野で、トレーナーは上記が得意分野です。
柔整トレーナーはまでを網羅することを目標としています。

カリキュラムの詳しい内容へ

在校生インタビュー

  • 高校→東京柔専

    戸枝 朋美さん(3年生)

    • 柔道整復師を目指したキッカケ

      ソフトボール部に所属していて、肉離れや腰痛で練習や試合に出られない時期に、毎日のようにケアをしてくれて相談にも乗ってくれていた先生に憧れて、先生みたいになりたいと思いました。

    • 東京柔専に決めた理由

      実家が新潟で一人暮らしは不安でしたが、地方から上京している同級生も結構いたので安心しました。国家試験合格率が高く、明るい楽しい校風だったので東京柔専にしました。

    • 将来の夢は?

      地元の接骨院へ恩返しがしたいです!そして、トレーナーとしてスポーツ選手をサポートしたいです!

    • これから入学する未来の後輩にひとこと

      勉強が一番不安だと思いますが、先生や先輩は優しく教えてくれるし、柔道整復師という同じ夢を持つ友だちと一緒に勉強したり、遊んで思い出をつくったり、とても充実しています!

    [1日のスケジュール]

  • 高校→東京柔専

    小渕 幹太さん(3年生)

    • 柔道整復師を目指したキッカケ

      野球部の練習中に肉離れをし、接骨院に通っていました。痛いはずなのに、先生との会話であまり痛みを感じることなく治療が終わっていたことに驚いて、興味が湧き、自分で調べていくうちに「柔道整復師」になろうと決心しました。

    • 東京柔専に決めた理由

      実際の授業を見学させてもらったときに、先生の教え方が無知な自分でも何となく理解できるような内容で、自分も東京柔専に通いたいと思いました。

    • 将来の夢は?

      自分の接骨院を開業したいです!(場所は地元か東京かな?)開業するまでは、接骨院で働きながら勉強するつもりです。

    • これから入学する未来の後輩にひとこと

      実際、勉強は本当に大変です。本当に本当に大変です。でも、本当に本当にやりがいのある仕事だと思います。同じ道を目指す者として、お互い東京柔専で頑張りましょう!

    [1日のスケジュール]

OPEN CAMPUS

来て、見て、触れて、オープンキャンパス

閉じる