スポーツトレーナーと柔道整復師を目指す
柔整トレーナーコース:午後部

柔道整復師国家資格取得に加え、スポーツ科学の基礎を学べます。

授業時間14:00~17:10
曜日月~土
年数3年

取得できる資格

  • 柔道整復師(国家資格)

めざせる職業

  • スポーツトレーナー
  • パーソナルトレーナー
  • クリニック/整形外科
  • 接骨院
  • 介護施設/デイサービス
  • スポーツクラブ

「柔整トレーナーコース:午後部」の特長

柔道整復師の資格取得に加えて、スポーツに関わる仕事(トレーナーやスポーツ現場など)を目指して、このコースを選ぶ人が多くいます。ケガの治療・予防から、パフォーマンス向上まで、アスリートの生活を全般的にサポートできる柔整トレーナーを目指します。午前部に次ぐ人気クラスです。

  • POINT
    01

    KPC(杏文パフォーマンスセンター)とKPA(杏文パフォーマンスアカデミー)

    在学中は実習施設であるKPCで、トレーナーの先生方のアスリートに対する取り組みを間近に見て学ぶことができます。更に実践的なトレーニングやコンディショニングを学ぶには、KPAに所属することをおすすめします。KPAでは「全米公認NSCA-CPT」というトレーナー資格の取得が目指せるカリキュラムもあります。

  • POINT
    02

    トップアスリートを担当するトレーナーによる独自授業

    オリンピック選手をはじめとするトップアスリートを担当するトップトレーナーや、スポーツ医学の専門家から、スポーツ現場で必要とされる実践的な知識や技術を学びます。

  • POINT
    03

    ケガの治療から、パフォーマンス向上まで

    身体の構造や機能を熟知している柔道整復師は、スポーツ選手のケガの治療や、ケガをさせない対処は出来て当然です。東京柔専が目指すのは、選手の力が最大限発揮できるようになるまでサポートもできる「柔整トレーナー」です。

トレーナー活動に医療系国家資格は必須

トレーナーに医療系の国家資格が不可欠なのは今や常識。中でもケガの治療の専門家である柔道整復師は実務的に役立つ資格です。このコースでは、先ずは柔道整復師になる為の知識・技術をしっかりと修得します。その上で、トレーナーに必須となるスポーツ科学の基礎を学びます。

【アスリートがスポーツ現場でケガをしたら】

柔道整復師 アスレティック・トレーナー 柔整トレーナー
❶ケガの認知・評価を行う
❷評価に基づいてケガの応急処置を施す。
❸通常の日常生活に支障がない程度に回復を促す。[メディカルリハビリテーション]
❹アスリートとして支障のない程度に回復を促す。[アスレティックリハビリテーション]
❺再発を予防し、競技レベルの向上を促す。[コンディショニング(トレーニング)]

柔道整復師は上記が得意分野で、トレーナーは上記が得意分野です。
柔整トレーナーはまでを網羅することを目標としています。

カリキュラムの詳しい内容へ

臨床実習について

在校生インタビュー

  • 高校→東京柔専

    筬島 萌邑さん(2年生)

    • 柔道整復師を目指したキッカケ

      15年間水泳をしていたので、その水泳をしてきた時間を無駄にしたくない、活かせる仕事がしたいと思っていました。ケガした選手を診ている人を見て、選手をサポートできる人になりたいと思っていた時に、知り合いの柔道整復師の人から勧められたのがきっかけです。

    • 東京柔専に決めた理由

      ホームページを見て、卒業生に水泳のトレーナーがいることを知り、どんな学校か見てみたいと思ってオープンキャンパスに参加しました。その時に、親身になって相談にのっていただけたのがとても嬉しくて決めました。

    • 将来の夢は?

      世界で活躍している選手や世界を目指している選手を支えられるトレーナーになりたいです!

    • これから入学する未来の後輩にひとこと

      勉強は本当に大変です。覚えることもいっぱいで、頭がパンクしそうになります!でも、勉強が進んでいくとイメージで解ける問題が増えて楽しくなります。優しくて面白い先生ばかりなので、分からないことがあっても分かるまで教えてくれます。安心して入学して来てください。

    筬島 萌邑さん

    [1日のスケジュール]

  • 高校→東京柔専

    梅津 雄剛さん(2年生)

    • 柔道整復師を目指したキッカケ

      高校生の時に部活でよくケガをして接骨院に通っていたので、柔道整復師という資格を知りました。医療活動ができるし、スポーツトレーナーとしても活動できるので取得したいと思いました。

    • 東京柔専に決めた理由

      国家試験の合格率の高さです。毎年100%近い数字を出しているので、質の高い授業を受けることができると思い決めました。

    • 将来の夢は?

      スポーツトレーナーやパーソナルトレーナーとして活動していきたいと考えています。そのために、柔道整復師だけでなくスポーツに関する勉強もしていくつもりです。

    • これから入学する未来の後輩にひとこと

      大学などと違い、授業は一日中あるわけではありません。そのため、授業以外の時間の使い方によって大きく変わります。接骨院でアルバイトをしたり、授業終わりに残って勉強したり、自分自身の意識次第です。資格取得に向けて一緒に頑張っていきましょう。

    梅津 雄剛さん

    [1日のスケジュール]

Interview

過去のインタビューを見る

OPEN CAMPUS

来て、見て、触れて、オープンキャンパス

閉じる