夢への近道という選択
大学より東京柔専を選ぶ理由

  • ホーム
  • 大学より東京柔専を選ぶ理由

柔道整復師としての確かな知識・技術を修得し、
最短の3年間で国家試験に合格するなら大学より東京柔専!

東京柔専 3つの強み

国家資格取得のために、国が柔道整復師養成に定めている単位数は85単位。これは大学も専門学校も同じです。
これに一般教養などの付帯科目を加えたのが大学です。本校では、スポーツ科学や介護系の科目を6単位加えて91単位で独自のカリキュラムを構成しています。(2016年現在)

【東京柔専と大学の比率】

東京柔専 大学※
目指す資格 柔道整復師(国家資格) 柔道整復師(国家資格)
修学期間 3年 4年
学費(入学金除く) 390万円
(夜間は375万円)
約650万円
カリキュラム 専門分野
(柔道整復学、基礎医学等)
専門分野+一般教養
1日の授業時間 3時間 約5.2時間
国家試験合格率(2016年) 100% 89%(都内3校平均)
卒後研修制度 ×
特長 授業 クラス担任制で細かい教育指導 個人の自主性を重んじる
選択履修制
国家試験対策 特別補講有り 基本的には授業内での指導
就職 学校主催の就職相談会有り インターネット等を
活用した情報収集

※東京都内の柔道整復学科を有する大学を参考にした本校調べ

  • 進路変更して東京柔専に

    谷脇 将平さん
    埼玉県立高校⇒東京柔専

    希望していた大学がダメでどうしようか悩んでいた時に、担任の先生から東京柔専のことを聞いて進路変更しました。専門は勉強が大変だけど、3年間でちゃんと国家資格が取れるのがいいです。最初は親も反対していましたが、今は応援してくれます。

  • 確実に資格をとるなら専門

    松田 萌さん
    都立高校⇒東京柔専

    進学校だったので専門へ行くという選択肢はなく、大学を考えていました。実際自分の目で色んな学校を見て、確実に資格をとるなら専門だと気付き、東京柔専へ決めました。大学に行った子にも夢が明確でうらやましいとか楽しそうとか言われます!実際とても充実しています!

柔道整復師の養成とは、国家試験合格だけが目的ではありません。学生にとって、国家資格取得はゴールではなく、柔道整復師になるスタートラインに立つことです。そこから柔道整復師になる為の本当の研修が始まります。
本校が65年の歴史で育んだ数多くの卒業生が、様々な分野の第一線で活躍しています。その先輩たちが、スタートラインに立った皆さんを一人前の柔道整復師になる為にガイドしてくれます。
さらに、本校では主に卒業後3年までの方を対象にした卒後研修を実施し、治療技術の向上もサポートしています。

アクセス情報

本校へは、東京都内に限らず、埼玉県や茨城県、神奈川県などから学生が通っています。
「池袋」駅から4つ目、東京メトロ有楽町線・副都心線「氷川台」駅下車徒歩3分の便利なアクセスです。

OPEN CAMPUS

来て、見て、触れて、オープンキャンパス

閉じる