日々の活動をお届けする
ニュース・トピックス

2012/11/09

いよいよ国家試験がスタート!

巷では、秋も深まり、初冬の風合いが醸し出されてきましたが、
東京柔道整復専門学校では、3年生が、来年3月3日(日)に
行われる国家試験(筆記)に先立ち、11月11日(日)本校にて
実技認定国家試験を受験します。

これで『柔道整復術』と『柔道』の実技について試験を受けます。
認定の可否を判断される認定委員は、柔道整復研修試験財団
から派遣される先生で、他校の教員の方々です。そこに本校の
教員も立ち会いますが、学生にとっては、非常に緊張する場面
となります。
 

今、3年生は、予め提示されている複数の試験課題に関して、
最後の仕上げに、日夜、繰り返し繰り返し、練習を重ねています。
学生たちは、何回練習しても中々満足できず、当日に向かって
安心や自信を少しでも積み上げようと必死に取り組んでいます。
 

これが終わると、国家試験への第2ハードル『卒業見込み認定試験』
に向かって新たな取り組みを開始します。
これは、本校での卒業見込みを判定する試験です。卒業見込みが
認定されなければ、3月3日の国家試験に出願出来ないことになります。
この試験も重要であり、3年生にとっては引き続き緊張が伴います。
今年は、12/22(土)~23(日)に予定されています。
 

年末年始は、X'mas、正月と、しばしの冬休みを経て、年明けには、
卒業見込み認定試験の結果が申し渡されます。そこで卒業見込みを
認定された人たちは、本番に向け、より一層の努力・精進を傾けます。


毎年のことですが、これから来年3月まで、1年中で最も学校中が、
緊張感に包まれる季節を迎えます。

OPEN CAMPUS

来て、見て、触れて、オープンキャンパス

閉じる