資格を活かした女性としての働き方
活躍する女性

活躍の場に男女の違いはありません。柔道整復師を目指す女性は年々増加しています。

柔道整復師と女性

近年は徐々に女性の進出が目立ち始め、多方面で活躍しています。柔道整復術は単なる"力仕事"ではありません。古来より伝承された"技"が肝心なのです。大きな骨の骨折などでは、男性でも複数の助手を従えて治療に当たります。ですから、女性の非力は、必ずしも大きなハンディ―とは限りません。むしろ、女性の社会進出が進むにつれて、日常的な作業で痛みや身体的な歪みを発症する女性の来院が増えており、治療する部位や痛みの原因によっては、女性施術者に診て欲しいという要望も高まっています。

柔道整復師界での女性の活躍

【本校在学生の推移】

柔道整復師を目指す女性の数は着実に増加してきており、現在は3割近くに達しています。
活躍の分野は特に男女で違いはなく、スポーツトレーナーとして活躍している女性も増えています。女性特有の優しさやしなやかさが、幅広い患者さんとのコミュニケーションや治療に役立ちます。柔道整復師の業界でも女性の進出は目覚ましいものがあります。

活躍する女性先輩たち

  • 東京オリンピックの選手をサポートしたいです。

    60期生(2015年卒)
    伊藤 友美さん

    ひまわり整骨院

    中学3年のバスケ部の引退時期にケガをしました。キャプテンという責任もあり、心も体もボロボロの状態でしたが、それを支えてくれたのが接骨院の先生で、私も柔道整復師を目指そうと決めました。
    卒業して1年、受付から施術まで担当しています。近くに体育大学があってスポーツ選手がたくさん来院するので、テーピングをする機会が多いです。これからまだまだ技術を磨きつつメンタルも支えられる柔道整復師になって、東京オリンピックでは選手をサポートするのが目標です。

  • 夫婦で開業するのが夢です。

    59期生(2014年卒)
    村越 知余さん

    仙養堂整骨院、ティップネス下井草店

    入学前は整体師として仕事をするほかジムでも働いていました。ケガで悩む方々を見ているうちに、知識を得て色々な症状を治せるようになりたいと思って東京柔専に入学しました。今は、整骨院で受付、施術、運動指導、ストレッチ指導をしているのと、ティップネスでトレーニング指導、ランニングサークル活動を担当しています。『痛い』『ツライ』と言って元気がない患者さんが、帰る時に笑顔になって「ありがとう」と言ってもらえた時は本当に嬉しいです。夫も柔道整復師なので、最終目標は「夫婦で開業」です。

  • 身体だけでなく心のケアも大切にしています。

    58期生(2013年卒)
    岩本 弓佳さん

    おその整形外科

    高校在学中、周りの生徒は大学に進学する人が多かったですが、人と関わり体を動かす仕事が自分には向いていると思い、柔道整復師を目指しました。現在は、運動器リハビリテーションセラピストの資格のもと、機能回復のための運動療法を行っています。痛みで苦痛な表情をしていた患者さんが、治療を通して表情が明るくなっていき「先生のおかげで良くなった、ありがとう」と感謝されると、とても嬉しく仕事にやりがいを感じます。患者さんの思いに的確に応えられ、身体だけでなく心のケアも出来るよう日々頑張っています。

  • 元気になるお手伝いができて、毎日幸せを感じています。

    58期生(2013年卒)
    江原 汐美さん

    KARADAカンパニー

    入社して2年目、高齢者の運動機能向上のお手伝いをしています。膝が痛い、腰が痛いと言って歩くのが辛そうな利用者が、ここで運動をして歩けるようになったり段差を無理なく上がれるようになるなど変化を見られるととても嬉しいしやりがいを感じます。笑顔を大切に利用者との信頼を築けるよう努力していますが、今後はもっと信頼を得て、辛い時でも「江原がいるから大丈夫」と思ってもらえるようになりたいです。

  • アスレティック・トレーナーを目指しています。

    57期生(2012年卒)
    小林 由佳さん

    AT/じんどう整骨院

    日本体育協会公認のアスレティック・トレーナーの資格を取得して、トレーナー活動をしていました。より専門の医療知識や治療技術が必要と感じて、柔道整復師の資格取得を目指しました。兄が卒業生であったこともあり、迷わず東京柔専に入学しましたが、先輩・後輩・仲間、いろいろな人たちに巡り会えてとても良かったです。整形外科での研修を経て、現在はトレーナー活動にも熱心な整骨院で修業をしています。将来的には、本格的なトレーナー活動にも取り組むつもりです。

  • 女性ならではの治療院を開業するのが目標です。

    56期生(2011年卒)
    中込 あゆみさん

    仁木整形外科

    東京柔専2年生の時に、ソフトテニスで山梨県代表として大分国体に出場したのを契機に、現役プレーヤーを引退、治療家の途に専念する決断をしました。トレーナーにも関心はありますが、先ずは、臨床経験を積み、治療技術を身につけようと思っています。一方で、将来の開業に向けて、アロマやリフレクソロジ―などの周辺技術も習得して、女性ならではの治療院経営をしようと思います。

  • 女性だからというハンディキャップを感じたことはありません。

    54期生(2009年卒)
    青葉 美穂さん

    すこやか整骨院

    中学では陸上、高校ではソフトボールに打ち込んでいて、ケガをした時には接骨院でお世話になったことから柔道整復師の仕事に興味を持ちました。現在、分院長をしていますが、これまで女性だからというハンディキャップを感じたことはありません。当院では、患者さんの70%が女性です。これからもいろいろな治療技術を身につけて、結婚や出産を経ても、一生、治療家として臨床現場に身を置いていくつもりです。

  • 多くの技術・知識を習得して、幅広い施術を提供しています。

    54期生(2009年卒)
    宮澤 千香子さん

    接骨院開業

    イトオテルミー温熱療法やアロマに加えて整体などで開業を目指していたところ、柔道整復師の資格を知り、40歳を超えて学生生活に戻りました。娘二人が思春期の盛りであったこともあり、正直苦労しましたが、平成22年夏に開業してからは、接骨院業務とボディーケア関係の自由診療で幅広い施術を提供しています。開業後にヘルパー2級を取得しました。今後は更に介護分野の研究を重ねて、リハビリを主体としたデイケア・サービスも展開する予定です。

OPEN CAMPUS

来て、見て、触れて、オープンキャンパス

閉じる