日々の活動をお届けする
ニュース・トピックス

2012/11/16

練馬区主催の災害訓練ボランティアに参加!

昨日(平成24年11月15日)、練馬区の主催で行われた災害関連の訓練に
東京柔道整復専門学校の学生がボランティアとして参加しました。
 

訓練の目的は、かなりの確率で発生が予測される首都直下型地震などにより
都内で想定される帰宅困難者(517万人)のうち、練馬区を通過する方々への
救援・支援を円滑に行う為の予行演習と、施設や活動に携わる関係者の方々が
実施される諸活動自体の検証です。

西武池袋線練馬駅構内に設けられた窓口で訓練参加者が順次受付け

  

13:30 区、警察、消防、西武鉄道など主催者側からの挨拶と主旨説明

 

後方で説明を聞く本校生徒たち

(本校からの参加者/敬称略)
1年生 大見山 千果、横山 千恵美、菅野 哲也

2年生 川島 美穂、宮内 彩、吉田 章子、荒川 仁、伊野勢 剛人、武石 聡、名嘉真 朝康、林崎 寛、矢野 英之

3年生 柴田 大貴、橋本 圭二郎、渡邉 徹

他にも、参加の意思表示をしてくれていて、当日どうしても都合がつかなかった人が数名いました。

 

説明の後、早速、訓練が開始されました。
先ずは、練馬駅構内で地震発生!防護姿勢で身の安全を図り、その後、警察官の誘導で、近隣にある
帰宅困難者支援ステーション(練馬文化センター)で支援物資を受取り、帰宅を目指した歩行を開始。
 

練馬駅付近を歩く訓練参加者

 

一路、終着点の石神井公園区民交流センター(石神井公園駅付近)に向けて歩く本校生徒
(本校参加者最高齢者と最年少娘2人、有言実行の柔道家、クラスで参加を盛り上げた娘、の面々)

 

参加してくれたみなさん、大変ご苦労さまでした!
これで君たちは、いざという時にも無事、帰宅できますね。よかった、よかった!!(笑)

OPEN CAMPUS

来て、見て、触れて、オープンキャンパス

閉じる