日々の活動をお届けする
ニュース・トピックス

2015/09/16

オープンキャンパス情報

今週末、9月19日(土)10:00~12:30で、オープンキャンパスを開催します。

今回のテーマは、『東京柔専流 国家試験対策とは?』です。

 


東京柔専の国家試験合格率は、最近5年間の平均で97%を超えています。

昨年度(平成26年3月)は、現役受験者118人全員が合格し、合格率100%を達成しました!

今年の3月は、106人が受験し、103人合格で、合格率は97.2%となりましたが、残念ながら

3人が不合格になってしまいました。因みに、この3名も200題の一般問題では、70%以上の

正答率で、合格ラインの60%を大きく超えていましたが、必修問題30題に対し24題の正解が

必要だったところ、ケアレスミスにより23題に留まってしまった為の不合格でした。

"たった1題、されど1題"です。本人たちはもとより、学校全体としても起死回生を期して、

来年度での合格を目指しています。


ですから、現在 東京柔専では、来年3月6日(日)に行われる柔道整復師国家試験で、

3年生と再チャレンジ3名の全員が合格を目指して頑張っています。再チャレンジの3名は、

『杏文塾』(国家試験対策を専門に指導)で日夜頑張っていますが、今年、杏文塾には、

この3名以外に、他校卒業生で再チャレンジする諸君16名も在籍していて、計19名全員が

合格を目指しています。杏文塾の合格率は、過去5年間で、3回100%を達成しています。


少々長くなりましたが、東京柔専の国家試験対策は、現役生のみならず、再チャレンジ組にも

万全の体制で臨んでいます。そこに、東京柔専が高合格率を継続している理由があるのです。

よく杏文塾が他校生を受け入れていることに感心して頂きます。確かに、他校生の合格は、

当該校の合格率を上げるので、他校の為とも言えますが、実はそれだけではありません。

再チャレンジの人たちは、不合格になってしまった原因に遡って弱点補強を行いますので、

その過程で、様々な指導上の着眼点や注意事項などを把握できますから、一定の情報量が

蓄積すれば、それらを独自の指導方針に反映し、ノウハウ化することが出来ます。

そうして出来上がったのが、『東京柔専流 国家試験対策』です。


9月19日(土)のオープンキャンパスでは、東京柔専で国家試験対策を総括している

川上智志先生が、直接その一端をご紹介します。詳細は以下URLからご確認ください。

/event/oc/no1_1.html

OPEN CAMPUS

来て、見て、触れて、オープンキャンパス

閉じる