日々の活動をお届けする
ニュース・トピックス

2011/06/07

「関東高等学校柔道大会」に協賛させて頂きました。

先週末の6月3日(金)~5日(日)に群馬県前橋市にあるALSOKぐんまアリーナで開催されました。

些少ながら広告協賛と大会期間中のトレーナーブースを試合会場内に開設させて頂きました。

言うまでもなく参加校は関東各都県で予選を勝ち抜いた精鋭校ぞろいですが、中には東京柔専に卒業生が進学して来ている高校や、本校関係者の人脈で日頃から近しくお付き合いさせて頂いている学校もあり、一戦一戦が他人ごとではない緊迫感を持って観戦させて頂きました。

そんな中で、試合前に予防措置としてテーピングをしたり、試合後にダメージを受けた部位のアイシングを希望された選手諸君ら約50名が本校のブースをご利用頂きました。内緒話?ですが、試合をしていない先生方で、何故か負傷されてブースをご利用戴いたケースもありました。顔なじみの方々に囃したてられて若干気まずい思いをされたのではないかと老婆心ながら危惧しました。

前述の通り、参加校は関東の精鋭ぞろいですから、トレーナーブースでその方々を受け入れる我が校のスタッフも精鋭を揃えました。後藤真広先生と鈴木祥平先生です。鈴木先生は、今年卒業した新人ですが、学生時代からトレーナー活動をしていた実務経験豊富な逸材です。後藤先生は、接骨院勤務も長く、日大柔道部でトレーナー活動をさせて頂いており、いろいろな柔道大会に立ち会って来た関係から、トレーナー経験もさることながら、柔道界の裏表に精通する柔道フリークでもあります。(本人はサッカー)

昨年、一昨年に続き、今年も3日間無事に、最後の決勝戦終了までトレーナーブースを担当させて頂けたことは光栄の至りです。 来年は神奈川県開催ですが、また精鋭のみなさんにお目にかかれることを心から楽しみにしております。

OPEN CAMPUS

来て、見て、触れて、オープンキャンパス

閉じる