日々の活動をお届けする
東京柔専ブログ

高校1.2年生必見!在校生が教える進路選びのポイント

名称未設定-4.jpeg

Profile

札場 詩乃(フダバ シノ)

柔道整復コース午前部1年生

東京都立田無高等学校卒業

-----------------------------------------------------------------------

この時期になると高校での進路説明会や講演会が多くなり、情報収集をしている高校生が多いかと思います。

今回は進路選びのポイントを柔道整復コース午前部1年生の札場 詩乃さんに聞いてみました!

.

‐いつから進路について考え始めましたか?

中学の頃、部活でケガをした時に接骨院に通っていて、そこでお世話になった先生みたいになりたいとぼんやり思っていました。

本格的に進路の事を考え始めたのは高校2年生になってからです。

学校説明会やテーピングの巻き方を教えてもらえる体験授業に参加して、私が将来やりたい仕事が柔整師だと再確認できたので良かったです。

もし想像していたのと違っていたら、また進路選びをしなくちゃいけないので早めに参加して良かったと思いました。

.

-学校説明会に来て良かったことは何ですか?

資格取得後の働くイメージが持てた事や、学校で勉強する内容について理解できたので良かったです。

個別相談では気になる事をホンネでたくさん聞けたので、不安な気持ちも解消できました。

IMG_5444のコピーIMG-1.2.jpg

.

-柔道整復師以外に考えていた職業はありましたか?

中学2年生で足の手術をした時に、リハビリをしてくれた先生の仕事にも興味がありました。

病院には色んな先生がいて何が違うのか気になって調べてみると、私のリハビリをしてくれたのは理学療法士という資格を持っている先生だと知りました。

理学療法士さんの仕事もとても魅力的ですが、もっと地域の人と関わりながらケガで困っている人の役に立ちたいと思っていましたし、トレーナー活動にも興味があったので私は柔整師になろうと決めました。

.

-何月頃に受験しましたか?

8月上旬に受験しました。

でも高校3年生にあがる頃には東京柔専に受験しようと決めていたので、入試まで結構な期間があったのですが、その間は入試説明会への参加や自己推薦文の練習もしたので入試に対する不安がなくなりました。

合格後は入学まで余裕を持って準備ができたし、アルバイトや友達と旅行に行ったりできて、高校生活最高の楽しい思い出が作れました!

IMG_5527.JPG

.

-これから進路選びをする高校生にアドバイスをお願いします。

自分が将来やりたい仕事が何なのかをしっかりと調べる事が大事だと思います。

例えばスポーツに関わりたいと思っていても、「支える人」「スポーツチームのグッズを作る人」「大会を運営する人」など様々なので、情報収集して自分がやりたい仕事が何かをまずはしっかりと考えてもらいたいです。

その仕事をするにはどんな事を学ばないといけないのか、どんな学校があるのか、高校2年生の冬休み~春休みにかけて何校か気になる学校のイベントに行って比較してみてください。

この時期から進路選びを始めればスタートダッシュが早い分、じっくりと検討できて高校3年生の夏前には志望校が決められると思います。

早めに志望校が決まれば入試に向けて対策をするだけなので、余裕を持って入試の準備ができますよ。

.

.

-----------------------------------------------------------------------

札場さんの進路選びのポイントをまとめてみると...

① 高校2年生の冬休み~春休み:将来やりたい仕事が何かをしっかり考えて、いくつか気になる学校のイベントに参加して比較する

② 高校3年生の5月頃:入試対策を始める

という事でした!

.

特に2020年はオリンピックがあるので、7月下旬~8月下旬にかけてのオープンキャンパスの開催が少ない学校が多いかと思います。

そうなると8月下旬以降のオープンキャンパスにはとてもたくさんの参加者が来る予想なので、じっくりと進路の話を聞きたい人は高校2年生の冬休み~春休みの参加者が少ない時期に来校するのがオススメです。

今のうちから少しずつ情報収集して進路を考えていきましょうね!

オープンキャンパスや個別相談など詳しい情報は↓

/event/oc/

OPEN CAMPUS

来て、見て、触れて、オープンキャンパス

閉じる